エクスパレル麻酔

エクスパレル麻酔

エクスパレル麻酔について

エクスパレル麻酔を使用することで、痛みが出やすいとされる術後約72時間(3日間)の痛みを抑える効果があります。
また、術前ではなく術後に局所麻酔をした部分に注入していきますので痛みはほぼありません。
そのため、痛みに弱い方・ダウンタイムの痛みが不安な方・お仕事が休めない方におすすめです。
エクスパレル麻酔は世界中で使用されており、アメリカのFDAでも認証された麻酔ですので安心してお使い頂けます。
基本的にどの施術でもお使い頂けますので、痛みが心配な方はカウンセリングの時にお気軽にご相談下さい。

こんな方におすすめ

エクスパレル麻酔

効果が持続するしくみ

痛みを長時間抑えることができるのは、エクスパレル麻酔の構造にあります。
麻酔薬を包んでいるリポソームが体内でゆっくりと分解され、中の麻酔薬がゆっくり時間をかけて体内に放出されていきます。
そのため一般的な局所麻酔などよりも、長時間麻酔の効果を持続させることが期待できます。

副作用 ・稀に注射部位の腫れ・赤み・かゆみ・内出血が起こることがあります。
注意事項 ・持続効果には個人差があります。
・妊娠中の方、エピネフリンアレルギーの方、肝臓疾患のある方は治療を受けられない場合があります。

Q&A

Q:施術中に痛みは感じますか?

A:麻酔をした箇所に注入していきますので、痛みを感じることはほぼありません。

Q:エクスパレル麻酔が出来ない施術はありますか?

A:基本的にはどの部位、どの施術でも使用が可能です。痛みがご不安な方は一度ご相談下さい。

料金

1cc ¥20,000