ケナコルト注射(ケロイド治療)

ケナコルト注射(ケロイド治療)とは

ケナコルト注射とは、ステロイドの一種で、ケロイドの症状を抑える治療方法です。

ケナコルト注射(ケロイド治療)が適している人

  • 赤い傷跡がある人
  • 傷痕が大きくなってきた人
  • 切開を行わず、ケロイドを減らしたい人

施術の流れ

  1. カウンセリング:患者様の状態を詳しく診察した後、施術内容を詳しく説明します。
  2. 麻酔:注入する箇所にご希望の場合麻酔クリームを施します。※有料
  3. 手術:麻酔が効き始めたらスムーズに治療を進めていきます。
  4. 術後:医師の診察があります。

ケナコルト注射(ケロイド治療)の副作用・ダウンタイム

麻酔 麻酔クリーム(有料)
手術の所要時間 5~10分程度
日常生活 ・入浴・シャワーは当日から可能です。

・飲酒は24時間避けください。

・1週間くらいは注入部位への圧迫は避けてください。

副作用・ダウンタイム ・ハレはむくんだ様な感じで数日くらいで徐々に落ち着いてきます。

・内出血が出た場合、1~2週間程度で落ち着いてくるので、その間はメイクでカバーして下さい。

・痛みは2~3日間くらい注入部位の鈍痛や赤みが生じることがあります。

・注射部位の皮膚の血管が浮き出て見える副作用が起きることもあります

注意事項 ・女性の場合、稀に生理不順になることがあります

Q&A

Q:肥厚性瘢痕とケロイドは違うのですか?

A:違います。肥厚性瘢痕は、創傷治癒後2~3ヶ月以内に生じ、皮膚損傷部の範囲内に限定するもので急速に増大します。
ケロイドは傷跡部位を越えて緩やかに進行・拡大化し、かゆみや痛みなどを発症します。

料金

¥10,000