切開式眼瞼下垂手術

切開式眼瞼下垂手術

「目が開きにくい」「頭痛や肩凝りがひどい」「視野が狭すぎる」などといった重度の下垂の場合は、切開法による眼瞼下垂手術をおすすめします。

伸びきって弱った眼瞼挙筋の一部を、切除または短縮させて縫合し固定します。そうすることで弱い力でもまぶたを大きく持ち上げることができるようになります。その結果、目の開きが良くなりぱっちりとした目もとを手に入れられます。

切開式眼瞼下垂に適している人

  • 目の大きさが左右で異なる人
  • 瞼が重い、たるんでいる人
  • 眠たそうな顔と言われる人

施術の流れ

  1. カウンセリング:目元の状態を確認し、治療の説明を行います。
  2. 麻酔:局所麻酔を行います。
  3. 手術:片目ずつ手術を開始していきます。
  4. 完成・アフターケア:目の開き具合を確認し、出血がないことを確認し帰宅します。術後数回通院して頂き、状態を確認します。

切開式眼瞼下垂の副作用・ダウンタイム

麻酔 局所麻酔、笑気麻酔(静脈麻酔)※有料
手術の所要時間 約1時間程
日常生活 ・メイク、洗顔は抜糸後翌日から可能です。(施術部位以外は手術翌日から可能です。)

・シャワーと洗髪はお顔を濡らさないようにすれば当日から可能です。入浴は2日目から可能です。(長湯は避けて下さい。)

・激しい運動は1週間程お控え下さい。

・創部は抜糸1週間後まで強くこすらないでください。

・創部やお顔付近へのマッサージ、うつ伏せや強い圧迫は1ヵ月控えてください。

副作用・ダウンタイム ・コンタクトレンズのご使用は抜糸後から可能です。それまでは使用を控えてください。

・治療後1週間ぐらいは血が混ざったような目ヤニが出やすいですが徐々に落ち着いてきます。

・傷の赤みがとれるまで1~3ヶ月程度かかります。

・腫れは1ヶ月程度続く可能性はあります。

・内出血が出る場合がありますが、1~2週間程で落ち着いてきますのでそれまではメイクでカバーしてください。(メイクは抜糸翌日から可能です。)

・2~3日程、患部が熱っぽいような痛みがありますが徐々に落ち着いてきますので様子を見られてください。

Q&A

Q:傷跡はどのくらい残りますか?

A:細い跡が残りますが、時間の経過とともに目立たなくなります。

Q:自分で眼瞼下垂なのかそうでないのか判断できません。

A:眼瞼下垂かどうかのチェックはカウンセリング(診察)で確認させて頂きます。お気軽にご相談下さい。

料金

切開式眼瞼下垂 ¥500,000

症例紹介

施術カテゴリー:切開法二重術, 目の上のたるみ取り手術, 目元, 眼瞼下垂手術,

眼瞼下垂手術

担当医師: 小池康弘

その他症例一覧はこちら