目の上のたるみ取り

目の上のたるみ取りとは

目の上のたるみ取りとは、たるんだまぶたを改善する目もとの若返り施術です。二重のライン上で余分なたるんだ皮膚を切除し縫合します。

二重に沿って切開を行うため、傷跡が目立つことはなく、若々しい目元になります。

目の上のたるみ取りが適している人

  • 目を大きくしたい人
  • まぶたが厚い人
  • まぶたのたるみが気になる人

施術の流れ

  1. カウンセリング:患者様のまぶたの状態を把握し、希望するイメージを共有します。その後、施術内容を説明します。
  2. 麻酔:局所麻酔を施術箇所に行います。
  3. 手術:たるみを切除し、途中で開眼していただき、左右差、二重幅を何度も確認しながら丁寧に手術します。

目の上のたるみ取りの副作用・ダウンタイム

麻酔 局所麻酔、笑気麻酔(静脈麻酔)※有料
手術の所要時間 約40分
日常生活 ・抜糸までは糸がついていますので、気になる方は外出時に眼鏡をかけようにしてください。

・コンタクトレンズは着脱時に傷が開くリスクがあるので抜糸まで控えてください。

・シャワーと洗髪はお顔を濡らさないようにすれば当日から可能です。入浴は2日目から可能です。(長湯は避けて下さい。)

・洗顔は抜糸後から可能です。(抜糸後まではコットンでお顔を拭くようにして下さい。)

・抜糸後翌日から可能です。(施術部位以外は手術翌日から可能です。)

・激しい運動は1週間程お控え下さい。

・創部は抜糸1週間後まで強くこすらないでください。

・お顔のマッサージ、うつ伏せや強い圧迫は1ヵ月控えてください。

副作用・ダウンタイム ・腫れは個人差がありますが1~2週間程で落ち着いてきます。より自然になるまでは1ヶ月程かかります。

・内出血が出た場合、1~2週間程で落ち着いてきます。メイクで目立たなくすることが可能です。

・2~3日程熱感があるような痛みがありますが、徐々に落ち着いてきます。

・治療後1週間ぐらい血が混ざったような目ヤニが出やすいですが徐々に落ち着いてきます。

Q&A

Q:上まぶたのたるみ取りは何歳からが良いですか?

A:上まぶたのたるみは、気になったときが治療のタイミングと言われています。
ただし、原因が加齢である場合は、30代〜50代程度で治療を行うのがおすすめです。

Q:切らない治療はありますか?

A:手術に抵抗がある方には、埋没法による治療もあります。
しかし、これらの治療法の効果は永続しないため、効果が長期間続くことを望む場合は切開を伴う施術の方が適しています。

料金

スタンダード ¥100,000
プレミアム ¥350,000
プレミアムロング ¥500,000