乳頭縮小(乳管温存法)

乳頭縮小(乳管温存法)とは

乳頭縮小とは、乳頭を小さく整える治療です。

乳頭の肥大は遺伝による先天性のものや、出産や授乳により肥大してしまう事があります。

乳頭が大きいとバストや乳輪とのバランスがおかしくなってしまい、温泉等に行けなく悩まれている方も多いです。

乳頭縮小は肥大した乳頭を縮小をするほか、形を整えることもできるため、もともとの状態に合わせてバランスのとれた胸元を手に入れることができます。

◆乳管温存法では乳管を傷つけないように注意しながら周りの余分な組織を切除することにより施術後の授乳も可能です。

乳頭縮小(乳管温存法)に適している人

  • 乳首が人よりも大きい人
  • 授乳の影響で乳首が大きくなってしまった人
  • 授乳で乳首が垂れ下がってしまった人
  • 上記の条件で授乳が必要になる可能性がある人

施術の流れ

  1. カウンセリング:医師が状態を確認し、個々に適した治療を提案していきます。
  2. 麻酔:笑気麻酔と局所麻酔を使用していきます。
  3. 治療:30分~1時間程度の治療を行います。
  4. 抜糸・アフターケア:抜糸の為に5~7日後と施術1ヵ月後に検診の為ご来院して頂きます。

乳頭縮小(乳管温存法)の副作用・ダウンタイム

麻酔 局所麻酔・笑気麻酔・(静脈麻酔)※有料
手術の所要時間 30分〜1時間程度
副作用・ダウンタイム ・ハレは3日~1週間程度で徐々に落ち着いてきます。

・内出血が出た場合1~2週間程度で落ち着いてきますので様子をみてください。

・抜糸の為に5~7日後にご来院下さい。

・傷跡は1ヵ月程度赤みがありますが、そのあと2~3ヵ月程度かけて目立ちにくくなります。

注意事項 ・シャワーは当日から可能ですが、患部を濡らさないように気をつけてください。

・入浴は抜糸後2日後から可能です(医師の指示による)

・抜糸までは締め付けのないゆとりのある下着をご使用下さい。

・うつぶせ寝は3週間お控え下さい。

Q&A

Q:乳頭の縮小を行うと感覚がなくなりますか?

A:施術の後、感覚が鈍くなるケースもありますが、時間経過で徐々に回復します。

料金

スタンダード ¥250,000
プレミアム ¥400,000