人中短縮術

人中短縮術とは

人中とは、鼻と口の間にあるくぼみを表します。この人中が長いと顔が間延びした印象になってしまい、それゆえに上唇が薄くなったり口元のシワが目立ちやすくなったりもします。

そういった印象を無くすため人中を短くする治療を「人中短縮術」と言います。鼻下を切開し縫合することで、顔の間延びした印象が無くなりバランスが良くなります。

人中短縮術に適している人

  • 鼻と口の間が長い人
  • 顔の下を短くみせたい人
  • 上唇をふっくら見えるようにした人

施術の流れ

  1. カウンセリング:医師が状態を確認し、希望のデザインを伺います。治療に関する全ての説明を丁寧に行い、進めていきます。
  2. 麻酔:笑気麻酔・局所麻酔を行います。
  3. 手術:個人差はありますが60分程度で終了です。
  4. 術後のチェック:術後、帰宅前に医師による検診があります。そこで痛みや状態を確認します。

人中短縮術の副作用・ダウンタイム

麻酔 局所麻酔、笑気麻酔(静脈麻酔) ※有料
手術の所要時間 約60分
抜糸の時期 6-7日目(個人差あり)
通院 抜糸の為、通院して頂く必要がございます。
副作用・ダウンタイム 腫れは個人差がありますが、2、3日~1週間程で落ち着いていきます。
内出血が出る場合がありますがお化粧で隠せる程度で、1~2週間程で落ち着いてくるのでご安心下さい。傷は個人差がありますが、1ヵ月程は赤みが出ます。その後2~3ヵ月程で目立たなくなります。
注意事項 ・シャワーはお顔を濡らさなければ当日より可能、入浴は抜糸後より可能です。患部をゴシゴシと力任せに洗わないようにして下さい。

・洗顔やメイクは、抜糸翌日から可能です。

・コンタクトは当日から可能です。

Q&A

Q:傷跡はどのくらい目立ちますか?

A:鼻下を切開するとはいえ人からは見えにくい部分です。形成外科的真皮縫合を行うため、時間の経過とともに目立ちにくくなります。

Q:入浴はいつからできますか?

A:抜糸を行う1週間後までは、内出血が強く出ることが予想されるためお避け下さい。

料金

スタンダード ¥300,000
プレミアム ¥500,000

症例紹介

その他症例一覧はこちら