小鼻縮小術

小鼻縮小術とは

小鼻を小さくし、幅を狭くすることでお顔のバランスを良く見せる治療のことを小鼻縮小術と言います。

小鼻(鼻翼)の内側か外側を切開し、余分な皮膚を切除後、再び縫合することで小鼻を小さく形成します。

どの程度縮小するかは、ご希望により控え目からしっかりまで調節できます。

小鼻縮小術に適している人

  • 笑った時に小鼻が横に広がる人
  • 小鼻の印象を薄くしたい
  • 小鼻が丸い人
  • 鼻の穴が大きめな人

施術の流れ

  1. カウンセリング:医師が現在の状態を確認し、ご希望のデザインを伺いつつ治療に関する全ての説明を丁寧に行います。
  2. 麻酔:麻酔を施し、丁寧に手術を進めていきます。
  3. 手術:個人差はありますが約40分程度の手術を行います。
  4. 術後のチェック:術後、帰宅前に医師による検診があります。そこで痛みや仕上がり状態を確認します。

小鼻縮小術の副作用・ダウンタイム

麻酔 局所麻酔・笑気麻酔・(静脈麻酔)※有料
手術の所要時間 40分程度
抜糸 手術の5-7日後
日常生活 ・シャワーはお顔を濡らさないようにすれば当日から可能です。
・入浴は3日目から可能です。(長湯は避けて下さい。)
・洗顔は抜糸後から可能です。(抜糸後まではコットンでお顔を拭くようにして下さい。)
副作用・ダウンタイム ・内出血や腫れ、赤みが見られるケースがあります。一般的には1~2週間ほどで落ち着きつきます。
・化膿(感染)が起こる場合がごく稀にあります。
・傷跡の赤みは、1~3ヶ月かけて、落ち着いていきます。
※個人差があります
注意事項 ・抜糸を行うまでは、激しい運動、歯の治療、眼鏡の長時間使用、うつぶせ寝、血流を活発にする行為は控えて下さい。

Q&A

Q:鼻の穴を小さくしたいのですが、小鼻縮小術で治りますか?

A:さまざまな治療方法があり、理想とする状態にもよりますが小鼻縮小術で治療することももちろん可能です。ぜひ一度ご相談にいらして下さい。

Q:左右差が心配です。

A:基本的に左右差が起こらないよう治療を行います。しかし、もともとの鼻の大きさにかなり差がある場合は、治療を行っても左右差が出てしまう場合があります。
状態を見ていない状態ですと一概に言えないため、ぜひ一度ご相談にいらして下さい。

料金

スタンダード ¥250,000
プレミアム ¥400,000

症例紹介

その他症例一覧はこちら