症例写真

あご, あごプロテーゼ,

あごプロテーゼ

症例写真

BEFORE

AFTER

備考:手術前 ➡ 手術1ヶ月後

施術内容

あごプロテーゼ

担当医師:小池康弘

施術詳細

時間約40分
麻酔局所麻酔、笑気麻酔(静脈麻酔)※有料
通院検診の為、1ヶ月後にご来院が必要です。
腫れ・痛み・内出血腫れは個人差がありますが、2.3日~1週間程で落ち着いていきます。
内出血が出る場合がありますがお化粧で隠せる程度で、1~2週間程で落ち着いてくるのでご安心下さい。
メイク固定抜去後2日目(施術日から5日後)から可能です。
(施術部位以外は手術翌日から可能です。)
入浴・洗顔固定抜去後2日目(施術日から5日後)から可能です。
運動軽い運動は1週間後以降、激しい運動は1ヶ月以降、無理のない範囲で行って下さい。
施術部位への刺激顎付近へのマッサージなどは施術後1ヵ月はお控え下さい。
リスクについて腫れ、赤み、出血、内出血、むくみ、発熱、痛み、違和感が出る場合があります。
プロテーゼは無害なものですが、何らかの原因で炎症や赤みがでる可能性があります。
長く続く場合は抜去する必要があります。
その他当日はお車の運転はお控え下さい。
治療の効果や経過は個人差があります。何かご不明点やご不安な事がございましたらお気軽にご連絡下さい。
料金(税抜き)¥200,000~
※表示された料金はその方の状態、ご希望により変動します。
(モニター割引料金あり)

解説

【あごプロテーゼ】

プロテーゼなら効果は永久的です‬。
Eライン(鼻先、口唇、あごを結んだライン)が一直線になり、理想的なラインに整いました!
あごが小さいと口が前に出て見えてしまうため、バランスが悪くなります。