症例写真

目の下のふくらみ取り, 目元,

目の下のふくらみ取り

症例写真

BEFORE

AFTER

備考:手術前 ➡ 手術直後

施術内容

目の下のふくらみ取り

担当医師:小池康弘

施術詳細

時間約30分
麻酔局所麻酔・笑気麻酔・(静脈麻酔)※有料
通院検診のため、1ヵ月後に通院して頂きます。
(※遠方の方はご相談ください)
腫れ・痛み・内出血腫れは個人差がありますが、2,3日~1週間程度で落ち着いていきます。
内出血が出た場合、1~2週間程度で落ち着いていきます。それまでは、メイクでカバーすることが可能です。
(より自然になるまで1ヶ月程かかります)
2,3日程痛みや熱感が出る場合があります。
メイク化粧は目元を含めて当日から可能ですが、強くこするなどの刺激は控えてください。
入浴・洗顔洗顔・入浴は手術翌日から可能です。(長湯は控えてください)
運動軽い運動は1週間以降、激しい運動は1ヶ月以降に可能です。(無理のない範囲で行ってください)
施術部位への刺激創部は1週間後までは強くこすらないようにして下さい。
お顔への強いマッサージや圧迫は1ヶ月程控えてください。
リスクについてごく稀に、麻酔によるアレルギー反応を起こす可能性があります。
その他コンタクトレンズの使用は1週間後から可能です。
治療後1週間程度、血が混ざったような目ヤニが出やすいですが、徐々に落ち着いていきますので安心してください。
料金(税抜き)¥100,000~
※表示された料金はその方の状態やご希望によって変動します。
(モニター割引料金あり)

解説

まぶたの裏側を数mmだけ切開し、脂肪をとります。脂肪の位置を熟知しているため、最小の切開で腫れは極限まで少なく手術します。
手術直後でも腫れはわずかで、1週間後にはほぼ完成です。
表側に傷跡はできないので、当日からメイク可能です。

当院では不要な脂肪注入をつけて、高額な費用を請求することはありません。
ほとんどのケースは、脂肪注入をせずにきれいにできます!