症例写真

脂肪吸引, 脂肪吸引(腹部),

164.脂肪吸引(下腹部)

症例写真

BEFORE

AFTER

備考:手術前 ➡ 手術3週間後

施術内容

脂肪吸引(下腹部)

担当医師:小池康弘

施術詳細

時間約120分
麻酔局所麻酔・笑気麻酔・静脈麻酔・硬膜外麻酔※有料
通院3日後にガーゼ交換、7日後に経過観察のため通院して頂きます。
※遠方の方はご相談ください。
腫れ・痛み・内出血腫れ・むくみ・内出血などの症状が起こる場合がありますが、2週間前後で落ち着いていきます。
メイク施術部位以外は問題なくメイクが可能です。
入浴・洗顔施術部位が少ない場合、短時間のシャワーでしたら固定を濡らさないようにすれば大丈夫です。
施術部位が広範囲の場合、濡れタオルなどで拭ってください。
入浴は、抜糸の2日後より可能です。
運動軽い運動は2週間、激しい運動は1ヶ月以降に可能です。
(無理のない範囲で行ってください)
施術部位への刺激術後2~3週間以降より、ご自身で施術部位のマッサージをしっかりと行ってください。
リスクについて傷跡は徐々に目立たなくなります。2~3ヶ月で自然な仕上がりとなっていきます。
その他固定が1週間あります。
術後1週間まではアルコールを控えてください。
料金(税抜き)【脂肪吸引(下腹部)】
¥150,000~(税込¥165,000~)
【固定代】
¥20,000(税込¥22,000)
※表示された価格はその方の状態・ご希望によって前後致します。(モニター割引有り)

解説

下腹部の脂肪はダイエットしても、なかなか落とせないです。
そんな部位を劇的に細くしたい方には脂肪吸引がおすすめです!
脂肪細胞自体を吸引して減らすため、リバウンドしません。
傷跡は恥骨上にあるため、目立ちません。
体重を落として自然に全身痩せをご希望の方にはGLP-1医療ダイエットがおすすめです。

脂肪吸引は症例数による技術力によって、仕上がりが大きく左右されます。14年間、大手美容外科で数えきれないほど脂肪吸引を行なってきました。
ベイザー脂肪吸引認定医も持つ私にお任せください。