症例写真

胸, 豊胸術(脂肪注入),

豊胸術(脂肪注入)

症例写真

BEFORE

AFTER

備考:手術前 ➡ 手術1週間後

BEFORE

AFTER

備考:手術前 ➡ 手術1週間後

施術内容

豊胸術(脂肪注入)

担当医師:小池康弘

施術詳細

時間約2時間程度
麻酔局所麻酔・笑気麻酔・静脈麻酔・硬膜外麻酔※有料
通院3、7日後、1ヵ月後、ガーゼ交換や検診のために通院して頂いてます。
※遠方の方はご相談下さい。
腫れ・痛み・内出血腫れや内出血が起こることがありますが、基本的には2週間程度でおさまります。
痛みは7日程度でおさまります。
メイク当日から可能です。
入浴・洗顔シャワーは翌々日から、入浴は1週間後から可能です。
運動3週間後から可能ですが、腫れや痛みが続いている場合はお控え下さい。
施術部位への刺激締め付けのある下着やマッサージ、圧迫、刺激もなどは施術後1ヵ月はお控え下さい。
リスクについて腫れ、赤み、出血、内出血、むくみ、発熱、痛み、違和感が出る場合があります。
脂肪の定着には個人差があります。注入した脂肪のうち定着しないものは吸収されていきますが、稀にシコリが残る場合があります。シコリは指の腹で軽く揉みほぐして下さい。
稀に乳腺炎や感染などで徐々にハレてくる場合があります。その場合は治療が必要になることがあります。
何かご不明点やご不安な事がございましたらお気軽にご連絡下さい。
その他当日はお車の運転はお控え下さい。
お酒は2~3日から可能です。
傷口から浸出液(赤色)がガーゼや包帯ににじむ事があります。特にご心配ありませんが、続く場合はタオル等で上から傷口を圧迫してください。
静脈麻酔・硬膜外麻酔を使用する為、事前に血液検査が必要になります。また、当日はご予約時間の6時間前までにお食事、2時間前までに水分(水かお茶のみ)の摂取はお済ませください。指定時間以降は必ず控えてください。※水分は少量にされてください。
料金(税抜き)¥400,000~+別途脂肪吸引代
※表示された料金はその方の状態、ご希望により変動します。
(モニター割引料金あり)

解説

自家組織を使うため、とにかく触り心地が自然です。通常豊胸していると、我々美容外科医は外見や触診で判別できますが、脂肪注入に関して判別できません‼️それぐらい、仕上がりが自然なのが1番のメリットです。
もちろん効果も永久的で、レントゲン検査等で写る心配はありません。

豊胸術にはさまざまな種類が存在します。その中でも「脂肪注入による豊胸術」は、自身のお腹や太ももから採取した脂肪を使用します。
そのため、異物反応が起こりにくかったり、破損しなかったりとメリットの多い治療方法です。

【豊胸術(脂肪注入)に適している人】
・バストに膨らみが欲しい人
・触り心地の自然さを好む方
・異物反応が怖い人