症例写真

ピコレーザー,

268.ピコレーザー(ピコスポット+ピコトーニング)

症例写真

BEFORE

AFTER

備考:処置前 ➡ 処置1ヶ月後

BEFORE

AFTER

備考:処置前 ➡ 処置1ヶ月後

BEFORE

AFTER

備考:処置前 ➡ 処置1ヶ月後

施術内容

ピコレーザー(ピコスポット+ピコトーニング)

担当医師:小池康弘 

施術詳細

時間約10分
麻酔なし
通院なし
腫れ・痛み・内出血輪ゴムではじかれた程度の痛みがあります。
治療後は赤み、膨疹、痛みが生じる場合がありますが、徐々に落ち着いていきますのでご安心ください。
メイク当日から可能です。
入浴・洗顔当日から可能です。
運動当日から可能です。
施術部位への刺激ピコスポットは治療後、
治療部位がかさぶたになり、10日前後で自然にはがれていきます。
無理に剥がすと色素沈着の恐れがありますので、無理に剥がさないよう気を付けてください。
リスクについて稀に熱傷、色素沈着、脱色素班を起こす場合がございます。
その場合、症状に合わせて必要な処置をさせて頂きます。
その他処置後最低3週間は日焼け止めクリームをしっかり塗布してください。
料金(税抜き)ピコスポット1mm:¥3,000~(税込¥3,300~)
ピコトーニング全顔1回:¥10,000(税込み¥11,000)

解説

ピコレーザーは熱ではなく衝撃波で色素を粉砕します!
1回の照射でシミをきれいにとることができます。

熱ダメージが小さいため、炎症による色素沈着を起こしにくく、ダウンタイムも抑えることが可能です。
テープ保護する必要は無く、メイクも可能です。